ゲットマネー

交換レート:10P=1円
最低支払額:5000P~
換金商品:現金・ギフト

 

ゲットマネーは運営歴が10年以上と老舗サイトです。
それだけ長くたくさんの人から信頼されているポイントサイトです。

楽しい企画なども多くて飽きることなく毎日ポイントを貯めていけます。
必ず登録しておきたいサイトです。

スマホ・携帯にも対応しているでポイントも貯まりやすいです。

では、ポイントの稼ぎ方を紹介していきます。

 

毎日平均3~4通送られていくポイント付きメールの魅力】

ゲットマネーから毎日平均すると3~4通ポイント付きメールが送られてきます。
これが凄くて、これだけで1日3~5円は稼げます!

また、自分の管理ページの右上部からでも「亜紀から○○件のお知らせ!」をクリック
すると最新7日間のポイント付きメールを確認することができます。

忘れていた時やメールを見逃した場合には便利です♪

 

アンケート回答でポイントゲットする!

アンケート依頼はメールでお知らせしてくれます。また管理ページ内からでも
確認することができます。

アンケートの種類によって、10~5000ポイント獲得できます!

種類も4つあって、「事前アンケート」「本アンケート」「商品サンプル調査」
「インタビュー調査・座談会調査」などがあります。

 

ゲームでポイントをゲットする!

ゲットマネーにはたくさんのポイント獲得できる無料ゲームが用意されています!
毎日ポイントを貯めることができます。

それではひとつひとつ紹介していきます。

 

GetMoney!BINGO!!

1日4つの数字が発表されて、1週間以内にビンゴを目指すビンゴゲームです。
なんといっても1位でビンゴになるとなんと!77,777ポイントゲットできます。

もちろん1位以外でもビンゴになればポイントを貰えます。早くビンゴになった方が
獲得ポイントも大きいです。
1日1回参加できるのでぜひビンゴを目指してポイントをゲットしましょう!

 

ハイ&ロー

★マークの案件を申し込むとチャレンジできます。2枚のカードのどちらかを
選んで「当たり!」が出ると10ポイント獲得できます。

さらに翌日もあたると2倍の20ポイント獲得できて、
このように雪だるま式に増えていきます!

15日間毎日カードを引けるのでチャンスはたくさんあります。
なので、案件に申し込んだら忘れずに挑戦しましょう。

 

アキのドキドキ着せ替えスロット!

対象の案件を申込むことでチャレンジできます。
1コインで30日間毎日スロットにチャレンジできます。

1pt・20pt・400ptとのどれからのポイントをゲットできます。
1か月毎日できるので対象案件を申し込んだらぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

毎日1000円当たるチャンス!

会員なら誰でも参加できる毎日1000円ゲットのチャンスがあります。
毎日挑戦すればいずれ当たるかも(笑)

他にも、案件を申込んだ方限定で1000円当たるコースも用意されています。
こちらの方が高確率ですね。気になる案件を申し込んだ時はぜひチャレンジしましょう!

 

もぐらたたきゲーム!

1日2回、ピコピコハンマーでおにぎりを狙う亜紀もぐらをクリックして遊ぶゲームです。
0~10Pt獲得できます。暇つぶしにはいいかもです。
パソコンだと少しやりづらい面はありますね(笑)

 

 

もっと稼ぐ方法

今まで紹介してきた方法はポイントは稼げますが、少ないです・・・
貯まるのに時間がかかります。

そこでさらに、ポイントをたくさん稼ぐ方法を紹介します。

それは「高額ポイント」です。

サイトページの「高額ポイント」をクリックします。

すると高額ポイント案件が表示されます。それらの中から気になる申込めそうな
案件があったら申込んでみると、すぐ数万円は稼げます!

 

また、「高還元率」とか「無料会員登録」「期間限定」「資料請求」など
条件を絞って探すこともできるのでやってみてください♪

 

お友達ポイントは50%還元!

ゲットマネーはとてもお友達ポイント還元率が高いです!
他サイトは40%とか30%が多いのですが、この50%はとても魅力があります。

例えば、紹介したお友達が10000P獲得したとします。
その半分の5000Pがあなたのところに入ってくるということですね。

たくさん、紹介すればするほどお友達ポイントも獲得できるので
知り合いやブログで紹介しましょう。

 

まとめ

ゲットマネーはポイントを貯める機会も多くて、案件も豊富です。
とても初心者さんが取り組みやすいポイントサイトでもあります。

上記で紹介した方法を実践すればポイントもたくさん貯まるので
とてもお勧めのお小遣いサイトです^^

ゲットマネーへの無料登録はコチラから↓